税理士と公認会計士と弁護士

オリジナル見出し01

税理士になるためにはいくつかの方法があります。


一番セオリーなのは試験を受験して合格することですが、一定期間仕事をすることでも税理士になることが出来ます。



これはかなり長期的な内容となりますが、それでも単に仕事をしているだけで資格を取れるのですから一番簡単な方法だと言えます。

税理士の試験は国家試験でありそこそこ難易度が高い試験とされています。

この試験に合格すると資格を取得することが可能ですが、弁護士や公認会計士の資格を取ることでも税理士になることが出来ます。



そのため、仕事の幅の広さという意味では弁護士や公認会計士の方が仕事の幅はかなり広くなります。



これらの資格を取ることが出来ると、それぞれの職業の独占業務を行うことが出来る他に税務の仕事も行うことが出来るわけです。



もちろん、その場合は税理士として自分の事務所を持つなど、税務を専門として働くことが出来ます。


しかしながら、試験の難易度を見ていきますと弁護士や公認会計士の方がやはり試験の難易度が高くなっているので、しっかりと勉強をしてもなかなか合格することが出来ません。



このように様々な方法を選ぶことが出来るので、最初にどのルートを利用するのかをしっかりと考えるようにしましょう。どのルートを選択するにしても時間がかかります。



今の生活などを考えながら一番効率的に確実に資格を取れるルートを選ぶことが大事になります。



いろんなルートがあるのは珍しい資格です。



関連リンク

  • タイトル21

    税理士とは税務に関するエキスパートですので、税にまつわるあらゆることを相談することが出来ます。一般的に法人が顧問契約を結ぶイメージが強いですが、個人でも活用することが出来ます。...

  • タイトル22

    税理士になるためにはいくつかの方法があります。一番セオリーなのは試験を受験して合格することですが、一定期間仕事をすることでも税理士になることが出来ます。...