税理士を上手に活用する

オリジナル見出し01

税理士とは税務に関するエキスパートですので、税にまつわるあらゆることを相談することが出来ます。一般的に法人が顧問契約を結ぶイメージが強いですが、個人でも活用することが出来ます。
税理士に依頼する業務として代表的なことが企業の決算処理です。



年に一度、会社の業績を確定させる必要があります。



上場企業などでしたら外部に公開しなければいけませんので、決算は非常に重要な処理となります。


もちろん自社で決算処理を行っても構わないのですが、決算処理が出来る人材が居なかったり、より確実性を持たせる為に専門家である税理士に依頼することが多いです。



具体的な作業としては、税務書類の作成、税金の申告などをおこなってくれます。



また決算時期以外でも顧問契約を結んでいれば、様々なサポートを受けることが出来ます。基本的なこととしては、月に一回など定期的に記帳チェックなどを行ってくれます。



定期的に確認をしてもらっていれば、決算の時期の負担が抑えられるメリットがあります。
その他にも税務調査に立ち会ってもらうことも可能です。税務調査の流れもよく把握していますし、その企業の内情もよく理解していますので、上手く対応してもらえます。


個人で税理士に依頼するケースで最も多いのが確定申告です。



企業の決算と同様に一年の一度、所得を確定させて納める税金を算出する必要があります。



税額の計算に関しては様々な控除がありますので、税理士に相談すれば適切な確定申告を行えます。



また遺産相続の際の相続税に関する相談も多いです。

関連リンク

  • タイトル21

    税理士とは税務に関するエキスパートですので、税にまつわるあらゆることを相談することが出来ます。一般的に法人が顧問契約を結ぶイメージが強いですが、個人でも活用することが出来ます。...

  • タイトル22

    税理士になるためにはいくつかの方法があります。一番セオリーなのは試験を受験して合格することですが、一定期間仕事をすることでも税理士になることが出来ます。...