税理士を目指すなら弁護士を目指すという手もある

オリジナル見出し01

弁護士になることが出来ると、そのまま税理士として仕事をすることが出来ます。



弁護士の資格を持っている場合に改めて勉強をして試験に合格しなければ税理士の資格を持つことが出来ないわけではなく、そのまま資格を持つことが出来るのでこれから税理士になろうと思っている人の場合、あえて弁護士を目指すという選択肢があります。
当然ですが、弁護士になる方が仕事の幅はかなり広くなるので、こちらの職業を選んでおく方が将来は安定すると言えます。



しかしながら、税理士の試験に合格することに比べると弁護士の試験はレベルが全くと言って良いほど異なるので、ある程度自信があることは大事になります。



一般的にも弁護士の資格を取ることはかなり難しい事という認識がありますが、これは単純に試験の難易度が高いから大変という意味だけではなく、学費が高いという部分も一つの要因です。
試験に挑む環境を持っていることも一つの実力となってきます。



そうした環境にいる人にとっては比較的恵まれている方だと言えます。



もし、弁護士の資格を取ることが出来るといろんな仕事の選択をすることが出来るので、やはり単に税理士一本で仕事をすることに比べると仕事を探しやすくなります。



仕事探しは自分の選択肢が多ければ多いほど、それだけ有利に仕事を探していくことが出来るので弁護士になることが出来ると自分の生活を安定させやすくなる事は間違いありません。



頑張って勉強をして目指してみると良いです。



関連リンク

  • タイトル21

    税理士とは税務に関するエキスパートですので、税にまつわるあらゆることを相談することが出来ます。一般的に法人が顧問契約を結ぶイメージが強いですが、個人でも活用することが出来ます。...

  • タイトル22

    確定申告の際の正しい税額は、税理士に相談をすれば問題なく計算することが出来ます。税理士は、税務に関する広範な仕事を請け負っている存在です。...