税理士の魅力と将来性

オリジナル見出し01

日本人には3つの義務があります。「勤労の義務」、「教育の義務」、そして「納税の義務」です。



納税も含めて税金に関するエキスパートが税理士なのです。

相模原の税理士は絶大な支持を受けています。

税理士は古くから日本に存在しており、いわゆる「士業」と呼ばれる職業のなかでも、トップクラスの会員数を誇ります。

様々な分野の大阪の会社設立に関する耳より情報です。

これは、日本の税法の解釈が非常に難解であり、素人が税務処理を行うことが、事実上不可能であるため税理士の存在が不可欠になってくるのです。

横浜の弁護士に関するお役立ちコンテンツ満載です。

当然、重大な職責を担っているため、その試験内容も、必須科目である「簿記論」、「財務諸表論」、選択必須科目である「所得税法」と「法人税法」の他に私たちの生活に馴染みの深い「消費税法」や「相続税法」、または、「国税徴収法」や「酒税法」等、あまり馴染みのないものまで、幅広く、高度で難解な試験です。

この難関を乗り越えて晴れて税理士になった場合、通常は税務事務所や会計事務所に所属して、主に企業からの依頼を受けて、節税や各種税金に関する悩みを解決しています。


企業にとって縁の下の力持ち的な存在なのです。

過払い金の請求に関しての関心度が高まっています。

または最近では、その税金に関する知識をいかして、経営コンサルタントとして、税金だけではなく、経営に関する業務を取り扱っている人もいます。



また税理士は取得した時点で自動的に行政書士の資格も与えられるので、ダブルライセンスで活動している人もいます。



このように、社会で幅広く活躍しているため、社会的ステータスの高い、素晴らしい仕事であると言えます。



関連リンク

  • タイトル21

    弁護士になることが出来ると、そのまま税理士として仕事をすることが出来ます。弁護士の資格を持っている場合に改めて勉強をして試験に合格しなければ税理士の資格を持つことが出来ないわけではなく、そのまま資格を持つことが出来るのでこれから税理士になろうと思っている人の場合、あえて弁護士を目指すという選択肢があります。...

  • タイトル22

    税理士になるためにはいくつかの方法があります。一番セオリーなのは試験を受験して合格することですが、一定期間仕事をすることでも税理士になることが出来ます。...